国際ロータリー第2650地区

会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

 

「おもいやりと絆で;Enjoy Rotary」

2018~19 年度 会長 堀内秀悟

この度 会員皆様方のご推薦を受け39 代目の会長を拝命することになりました、その責務の重大さとこの上ない光栄に身の引き締まる思いでございます。

今年度は「おもいやりと絆で;Enjoy Rotary」の下 節度ある楽しいクラブを皆様とともに作りつつ ロータリーを楽しみたく 私自身精一杯務めさせて頂きます。

今年度の国際ロータリー会長 バリー・ラシン氏(イーストナッソーロータリークラブ所属)はロータリーの奉仕には、人びとの人生、そして地域社会を変えるもので、大切なのは前向きな変化を生み出し直面する課題に勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲をクラブ地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーションになろう」となる必要があると述べられています。

また、地区ガバナー 中川基成氏(あすかロータリークラブ所属)は、スローガン「ロータリーを学び、実践し、発信しよう;Enjoy Rotary」とされています。

1 学び

ロータリーのあらゆるプログラム、例会や奉仕活動、IM や地区大会や各種研修セミナーに出席することで 出会いと学びの場が提供されていて有益な情報やヒントを得ることが出来る 多くの“インスピレーション”があると言われています。

2 実践

学びは行動を伴ってこそ意味をなします。

仲間とともに 奉仕の実践による達成感や幸福感を分かちあい 互いに“インスピレーション”の好循環を作りましょう。

3 発信

地域や諸団体との共同奉仕事業を行うことは、ロータリーの奉仕活動を多くの人々に発信する貴重な機会となる。

世界を変える行動人キャンペーンに 独自性を発揮して取り組もうと言われています。

RI 会長、地区ガバナーの思いを受けて、私は今年度メインの奉仕活動に地域三町の中学生達が参加して頂ける、青少年奉仕事業として 青少年の育成、支援、指導を三町の教育委員会後援の下 中学校吹奏楽部の生徒さんに参加のお願いを募り 大編成の音楽会を行い 他校との交流・親睦をはかる目的を推し量りながら、地域のつながりを強いものにすべく、ロータリーの名の下で実施することが 我々の奉仕活動を多くの人々に「発信」する貴重な機会と信じ開催を計画しております。

ロータリーの奉仕活動は、自分のための汗を流すのではなく、世のために流していったとき(「実践」)には必ず、自分の喜びとなって返ってくると信じます。

またロータリーの基本は出席だと思います。例会に出席する事で会員相互の親睦が深まります。また自分を磨く場(相手は鏡)でもあります。まして様々な職業分野での有益な情報で「学」ばれる“インスピレーション”があります。一方クラブの活性化には会員増強がかかせません。次年度は40 周年を迎えようとしています。新会員の獲得に努め更なる活気みなぎるクラブ作りを目指します。

ロータリークラブは113 年前の創設以来、会員が親睦と友情を見つけ、奉仕が芽生え今日に到っております。

40 周年の節目を前に現在、会員数では全国平均より少ないクラブではありますが 創立以来、先輩諸氏の築いて来られた地域社会への奉仕の理想を再認識して 本年度は、お互い「おもいやりと絆で;Enjoy Rotary」をスローガンに会員皆様方のご指導・ご鞭撻・ご支援を承りながら クラブ運営をさせて頂きたく思います。

ともにロータリー活動に参画し大いにロータリーを楽しみましょう!!

1 年間よろしくお願い致します。


 
 

 

 

 

 

 

 

 

入会などお問い合せは、お気軽に! TEL 0745-72-8211

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © やまと西和ロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.